FANDOM


サーヴァント > セイバー > アルトリア・ペンドラゴン
Disambig gray.svg.png
この項目はFateシリーズにおけるアルトリア・ペンドラゴンの基本的な情報を記述しています。
他作品におけるアルトリア・ペンドラゴンの詳細な記事はこちらを参照してください。


アルトリア・ペンドラゴン(Artoria Pendragon)Fateシリーズに登場するサーヴァント。『Fate/stay night』『Fate/Zero』におけるメインヒロイン。

概要編集

セイバー のクラス。Fateシリーズのメインヒロインの1人。金髪を後ろで結い上げ、青と銀の甲冑を纏った華奢な少女。口調は丁寧で1人称は「私」。Fateシリーズにおいて基本的に「セイバー」と言えば彼女を指すが、他のセイバーと区別するため『青セイバー』と呼ばれることもある。

略歴編集

第四次聖杯戦争において衛宮切嗣に召喚される。切嗣の勝利至上主義の戦闘方針と彼女の騎士としての誇りを重んじた戦い方は相容れることなく、反目し合うこととなる。その結果、当時切嗣が彼女に直接声をかけたのは令呪の命令による3回のみである。

第五次聖杯戦争では衛宮士郎の体内にある聖剣の鞘が触媒となり召喚される。しかし、マスターとして未熟な士郎との契約により魔力の供給が不十分だったため、思うように力が発揮できずにいた。

人物編集

性格は真面目かつ冷静沈着で、常に物事を真っ直ぐ捉えるが、負けず嫌いのため勝負事となると熱くなりがちで賭け事には滅法強い。また、ぬいぐるみなどかわいいものが好きという少女らしい一面も持っているが怒ると怖い。そして食事の作法が大変丁寧かつ大好きなことから『ハラペコ王』の異名を持つ。

能力編集

セイバー(剣士)」のクラスのため、白兵戦が得意と思われがちだが彼女の戦闘力の高さは彼女が保有する莫大な魔力によるところが大きい。本来であれば普通の少女レベルの身体能力を「魔力放出」のスキルを用いてブーストすることができる。また、特徴の1つである甲冑も魔力により編まれたもので、身体能力の向上のみならず守りに使うことも可能。この鎧を消すことで「魔力放出」に回し、さらに身体能力を向上したり、バイクなど彼女自身以外の補強に回すことも可能である。

この莫大な魔力は、出生時に魔術師・マーリンの力で人の身にありながら竜の因子を持って生まれてきたためである。そのため、魔術回路を用いずに魔力を生成することが可能となっている。

他にも湖の精霊の加護を受けている。この力により水面に立ったり、歩く、走ることが可能。

このように全体的に高い能力を有するが、士郎に召喚された時は彼が魔術師として未熟であったため、魔力供給が乏しく、基本ステータスや回復力などが低下している。また、正しい意味での英霊 とはなっていないため、霊体として活動することができない。

ステータス編集

衛宮士郎
筋力:B 耐久:C  敏捷:C 魔力:B 幸運:B 宝具:C
対魔力:A 騎乗:B
直感:A 魔力放出:A カリスマ:B
遠坂凛
筋力:A 耐久:B  敏捷:B 魔力:A 幸運:A+ 宝具:A++
対魔力:A 騎乗:B
直感:A 魔力放出:A カリスマ:B
衛宮切嗣
筋力:B 耐久:A  敏捷:A 魔力:A 幸運:D 宝具:A++
対魔力:A 騎乗:A
直感:A 魔力放出:A カリスマ:B
主人公(Grand Order)
筋力:B 耐久:B  敏捷:B 魔力:A 幸運:A+ 宝具:A++
対魔力:A 騎乗:B
直感:A 魔力放出:A カリスマ:B
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
筋力:? 耐久:?  敏捷:? 魔力:? 幸運:? 宝具:?
対魔力:? 騎乗:?
直感:? 魔力放出:? カリスマ:?

真名:アルトリア・ペンドラゴン編集

真名の記述についてはこちらをお読みください。

『アーサー王伝説』に登場する伝説の君主「アーサー王」である。15歳の時に「この石から剣を抜いた者は全イングランドの王とする」と言われている選定の剣を引き抜き、不老の王になった。

宝具編集

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki