FANDOM


Fate/Apocrypha > レティシア


レティシアはFate/Apocryphaに登場する女性。魔術師ではないが物語に置いて重要な役割を持つ。

概要編集

ジャンヌが擬似サーヴァントとして現界する際に選ばれた依り代。その見た目はジャンヌに瓜二つ。レティシアは信仰心が強く、また感受性が高いため、自身に宿ったジャンヌの人格を自然に受け入れることができた。

ジャンヌに体を受け渡したわけではなく、融合したというのが正しいらしい。生前のジャンヌは教養を学ぶ暇がなかったので、ジャンヌの一般知識や教養に強く影響を及ぼしている。また、本人はジャンヌの思考や行動を第三者の感覚として理解できるようである。(ジャンヌの恋慕を自分の恋慕を勘違いするも、最終的には分けて受け止めていることから)

人物編集

普段着はノースリーブのシャツに紫いろのネクタイ、ショートパンツ、ハイソックスを着用している少女。フランスに住むごく一般的な女学生。男性恐怖症らしく表面に出た際はジークと距離を取っている。

能力編集

聖杯戦争に巻き込まれた一般人として以下の特権を所持している。

  • 自身の肉体が消失した際は安全な場所で肉体が復元される。
  • 聖杯戦争が終了した際には、安全な場所へと移動される。

リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki